三菱長崎機工株式会社

menu

品質保証・技術開発品質保証・技術開発

  1. ホーム
  2. 品質保証・技術開発

取得内容

当社は、ISO9001に基づいた品質マネジメントシステムを確立しています。
また、お客様からの声がこのシステムに反映され、且つ継続的な改善活動が行えるシステムも確立しており、お客様に充分にご満足いただける品質の製品及びサービスを提供できるものと確信しています。

品質システム及び工場認定資格

  • ISO9001(品質マネジメントシステム)認証
    (圧力容器、一般溶接構造物、環境製品及び鍛造プレス・マニプレータ、冷間成形プレス、リングローリングミル等の産業機械製品)認証
  • JISQ9100(品質マネジメントシステム)認証
    (鍛圧機械用部品の機械加工)認証
  • ASME S, U, U2, U3スタンプ認証
    ※ASME= American Society of Mechanical Engineers(アメリカ機械学会)
  • ボイラ及び第一種圧力容器製造工場承認(日本海事協会)
  • 各種船級協会(NK, AB, LR, BV, NV)認定溶接施工法保持
  • 電気事業法、溶接施工法保持
  • 特定建設業の許可
    長崎県知事 許可(特-3)第5759号
    種類:土木工事業、電気工事業、管工事業、鋼構造物工事業、機械器具設置工事業、水道施設工事業
  • 計量証明事業(振動加速度レベル)

リングローリングミル社内試験機

工場内に、リング圧延試験機として当社製リングローリングミルを導入し、リングローリングミル開発の研究だけでなく、当設備を用いたお客様要望の試圧延も行うことができます。
また、当社製ハンドリングマニプレータも隣接しており、実際にリング製造ラインをイメージしながら見学を行えます。

製品重量 Max 500kg
製品高さ Max 400mm
製品外径 Min 350mm ~ Max 1000mm
素材外径 Min 300mm
素材内径 Min 110mm
素材高さ Max 410mm

圧延力

水平 Max 120kN
垂直 Max 80kN

耐圧試験室

高圧機器の自緊処理及び耐圧試験に必要な1,000MPaを発生する専用ポンプを所有し、超高圧専門のエンジニアを配し、高圧ガス保安法やASMEなど各級規格への対応が可能です。
またASMEについては1979年にASME S, U, U2を取得しており、2021年にはASME U3を取得しました。

検査・解析・品質管理

カントバック分析装置や材料引っ張り検査などお客様の求める品質を満足できる検査体制を構築しています。

カントバック分析装置は、複雑な前処理なく、迅速に固体金属の定性・定量分析が行えるため、鉄鋼や鋳物、非鉄金属分析における研究開発から製造現場、品質管理・保証などあらゆる場面で使用されています。

検査設備一覧表

設備名 台数 最大能力・寸法
超音波探傷試験機 5 100V, 05-10MHz
磁粉探傷試験機 18 プロット式(2台)、極間式(16台)
放射線透過試験機 9 225KVp-450KVp(フィリップス製) 最大板厚110mm
非破壊検査用電子ライナック 1 ML-1R3型(三菱電機製) 適用板厚15~130mm
超音波厚み計 3
万能型試験機 1 引張・曲げ最大荷重 2000KN
シャルピー衝撃試験機 1 30kg-m
硬度計 8 ブリネル(3台)、ビッカース(1台)、ショアー(3台)、テレブリネラー(1台)
メタスコープ 1 Co, Cr, Cu, Fe, Mg, Mn, Mo, Ni, Pb, Sn, Ti, V, W, Zn
フェライト計 2 0~30% Fe(1台)、0.1~60% Fe(1台)
表面粗さ測定機 2 0.01~25Ra/0.1~99.9Rt
厚膜計 3 非鉄素地用 0~1250(1台)
鉄及び非鉄素地用 0~1200(1台) 最大厚500(1台)
自動超音波探傷装置 1 外形:φ800~5000mm(鏡:φ2000~φ5000)
長さ:2000~5000mm
板厚:母材 50~250mm
クラッド及びO/L厚 4~9mm
探傷速度:MAX 150mm/sec
探傷ピッチ:MAX 15mm
磁粉探傷用ブラックライト 14
Page Top