三菱長崎機工株式会社

menu

三菱長崎機工株式会社2019年 お知らせ

  1. ホーム
  2. お知らせ
  3. 2019年 お知らせ

RH受鋼台車を製作・出荷

RH受鋼台車を製作・出荷
RH受鋼台車

12月、当社は国内製鉄所向けにRH受鋼台車を出荷しました。
現地にて年末年始にかけて据付試運転を実施し、2月から無事稼働を開始しました。当社として初めての中国メーカーを活用した短納期、高品質、低コストでの一括製作を実現したプロジェクトであり、当初の仕様通りの能力を発揮し、客先殿より好評を得ております。
この経験を活かし新たなことに挑戦していきます。

防衛基盤整備協会賞を受賞

防衛基盤整備協会賞を受賞
防衛基盤整備協会賞受賞

11月、当社は「防衛基盤整備協会賞」を受賞しました。
表彰内容は、従来の防弾鋼板と比べ、耐弾性向上と軽量化を実現した『結晶粒微細化防弾鋼板技術の開発』です。
本受賞を基に今後も更なる防衛装備品事業の高みを目指し邁進していく所存です。

諫早第二工場が稼働開始

諫早第二工場が稼働開始
諫早第二工場

10月、当社は長崎県諫早市で諫早第二工場が操業を開始いたしました。
工場は、主に小型・中型製缶品を製造しています。また、当社グループである丸中産業㈱が隣接しており、連携強化と情報共有することで生産性向上を図っていきます。

テロ対策特殊装備展‘19に出展

テロ対策特殊装備展‘19に出展
テロ対策特殊装備展‘19

当社は10月、東京ビッグサイトにて開催されたテロ対策特殊装備展に出展いたしました。
同展示会には7年連続での出展となります。展示会では当社防弾鋼板の性能をアピールすることができ、製品に対するアイディアも得られ、新たな案件及び製品開発に繋がる展示会となりました。

国内製鉄所殿向けに製鋼工程向台車を出荷

国内製鉄所殿向けに製鋼工程向台車を出荷
製鋼工程向台車

10月、国内製鉄所殿向けに製鋼工程向台車を出荷いたしました。
本製品は作業効率向上を図る目的で、製鋼工場内のブルーム連続鋳造設備にて使用されます。

MF-TOKYO2019に出展

MF-TOKYO2019に出展
MF-TOKYO2019 出展ブース

7月末から4日間にかけて開催されたMF-TOKYO2019に当社も出展いたしました。
今回の出展にあたり、当社リングローリングミル実証機で圧延した各種リング形状品の実物展示に加え、防振装置、鍛造プレス・マニプレータ、リングローリングミル、社内リングローリングミル試験機をパネルとPR動画で紹介し、多くの来場者の興味を集めました。

100m3電動油圧バケットシェルを製作・出荷

100㎥電動油圧バケットシェルを製作・出荷
浚渫用100m3電動油圧バケットシェル

7月、浚渫用100m3電動油圧バケットシェルの引き渡しが完了しました。
この製品は海外で活躍している浚渫用作業船に搭載されている交換部品で、20時間・365日間という厳しい環境下で使用するために高張力鋼・耐摩耗鋼板を使用し、耐久性を向上したものとなります。

当社製非鉄金属選別機を中国環境展に展示

当社製非鉄金属選別機を中国環境展に展示
第20回中国環境博覧会で展示された磁力選別機

4月、当社は中国にて開催された第20回中国環境博覧会に磁力選別機をPRいたしました。
本博覧会はアジア最大規模であり、世界各国より約2000社が出展いたしました。
当社は今回の出展にあたり、当社製の非鉄金属選別機の実機を展示し、実際にサンプル選別デモを行い、本機器の性能をPRしました。
来年度の展示会にも出展参加する予定であり、今回の非鉄金属選別機だけでなく、国内でも評価の高い当社製のステンレス選別機のデモ機を設置しPRするよう計画を立てています。

諫早磁選機工場にカラー選別ラインのデモ機を設置

諫早磁選機工場にカラー選別ラインのデモ機を設置
カラー選別ラインのデモ機

4月、当社新製品であるカラー選別ラインのデモ機を諫早の磁選機工場に設置いたしました。
カラー選別機は原料の色を識別して、エアー噴射により選別をする機器です。当社製の磁力選別機と組み合わせることで、金属選別ラインを構築できます。また、カラー選別機は色を識別して分別することで、これまでの金属への選別に限らず、様々な用途の選別に対応できるため、基盤やプラスチック等の産業廃棄物への対応も可能です。

国内鍛造所殿向けMRB-1600設備を製作・納入

国内鍛造所殿向けMRB-1600設備を製作・納入
MRB-1600リングローリングミル

当社は、国内鍛造所殿向けにMRB-1600リングローリングミル設備を納入しました。
本案件は、リングローリングミル、ハンドリングマニプレータ、搬出装置を合わせたライン設備として受注したものです。
ハンドリングマニプレータに関しては初の試みとなる座標管理制御を採用しています。

国内造船所殿向け400T C型プレスを製造・出荷

400T C型プレスを製造・出荷
400T C型プレス

3月、当社は国内造船所殿向けに400T C型プレスを納入しました。
今回納入したプレス機は、船体用構造部材の板曲げに使用されます。本プレスの特徴はハイブリット油圧と呼ばれる最新油圧システムを採用し、圧力や流量を高精度で制御可能にしていることです。

西日本最大級大型ターニング稼働開始

西日本最大級大型ターニング稼働開始
西日本最大級大型ターニング

4月、当社は工場内に大型ターニングを新設いたしました。
最大加工径はΦ10m、テーブル径はΦ8m最大積載重量は200Tと更なる大型加工物に対応でき、アタッチメントを6種持っていることが特徴です。この西日本最大級の設備の強みを活かし、新規案件の発掘に取り組んでいく所存です。

Page Top