社員紹介

自分の考えや目標、課題などについて、
共通の認識を持って一緒に取り組んでいくことが大切。

現在の仕事内容

技術開発部でリングロールという鍛造加工の開発を行っています。 現在よりも、より良い圧延が出来るように制御技術改善のための制御プログラムのベースとなる理論を考えるのが主な仕事です。
また改善した制御プログラムに基づいた圧延シミュレーションを行い、圧延状況の把握や分析を行って問題点を確認したり、それを更に改善して社内試験機で圧延を行なって実証試験を行ったりしています。
また当社工場内にはリングミル試験機があり、国内外から様々なお客様が見学に来られます。その対応をしたり、新しい技術をPRするのも仕事の一つです。

仕事をする上で大切にしている事は何ですか?

どんな仕事も一人で行える事は限られています。課題解決を共同で行うため、一緒に仕事をする人達とはよくコミュニケーションを取るように心掛けています。
今の仕事は機械を設計したり、制御プログラムを作ったりすることではなく、圧延に関する理論をやっています。数値計算と言っても良いですが。理論を実際の動く機械に反映し圧延を改善させるためには、パートナーや関係者との様々な共同作業が必要です。自分の考えている内容や目標、問題点や課題等について、共通認識を持って一緒になって取り組んで行くことが大切と思います。

やりがいを感じるのはどのような時ですか?

最近の例では、当社が昔納入したリングミルを使用されているユーザー様が、既設機械では望んでいる製品が出来ないと困っておられました。お客様の要望を事前に聞き、社内リングミル試験機に制御プログラムの改良も加えた状態にした後、お客様が見学に来られました。
圧延を見られて、「これなら行ける」と確信を持たれたようで、性能向上のための改造工事を受注でき、嬉しかったです。実際の工事等は他部署が行いますが、完成後に改良したリングミルの圧延を見られてお客様が喜んでおられたと営業担当者から伝えられたりした時は、本当に仕事のやりがいを感じます。

思い出に残る仕事について教えて下さい。

学生時代に機械工学を学んだ後、三菱長崎機工へ入社しましたが、入社後の社員教育が終わり機器設計グループに配属になって暫く経った頃の事ですが、リングミル機械の現地調整運転に勉強のためということで、先輩社員に付いて行きました。現地調整運転は機械をお客様工場に据え付けた後に、機械を稼働させながら調整していく作業です。
初めて大型機械が目の前で動くのに立会い、モノづくりの面白さを実感しました。特に実際の熱間材が形を変えながら綺麗なリングになって行くのを見て感動しました。これから、こういう機械を自分も設計して行くんだという高揚感を感じたのを今でも覚えています。

今後の目標や目指すものがあれば教えて下さい

自分の基本的な役割は、目標とする理想の圧延のベースになる考え方を数式化し、制御による圧延技術の向上を図ることですが、お客様から様々な要望がありますし、また社内でも高い目標を持っていろんな課題に取り組んでいます。
そのような様々な課題をパートナーや技術開発部のみんなと一緒になって解決し、またノウハウを蓄積しながら少しでもより良い圧延が出来る機械を提供して行きたいです。

社員一覧へ戻る