社員紹介

お客様との信頼関係を築き、
製造部に的確な情報を伝えることを心掛けている。

現在の仕事内容

私は九州地区を中心に営業活動をしています。まず、定期的にお客様を訪問し直近の仕事だけではなく、中長期的な設備投資計画等の情報収集を行っています。その上で、取組案件をある程度選定し、営業戦略を考えています。
実際の仕事の流れとしては、お客様から頂いた製作仕様書や製作図面を確認した上で、社内設備で対応できる案件か判断します。対応可能な場合は、製造部へ見積依頼書を作成し、見積原価表を基に見積書を作成します。 そして、お客様との交渉に臨みます。また、受注可否に問わず、その後のフォローまでしっかり行っています。

仕事をする上で大切にしている事は何ですか?

私が仕事をする上で大切にしていることは、お客様との信頼関係と製造部に的確な情報を伝えることです。
お客様の満足を優先し、お客様から受けた相談は一緒になって問題解決を図ります。その結果として長期的な取引につながる可能性もあり、より具体的な情報収集を行うこともできます。
また、製造部の人員や工場スペースには当然の事ながら限りがありますので、お客様の今後の投資計画を前広に把握し伝え、製販一体となって受注から製品出荷まで円滑に行えるよう調整する事を心掛けています。

やりがいを感じるのはどのような時ですか?

取引先のご担当者様と密にコミュニケーションを図ることによって信頼関係が築けることです。
営業担当者は会社と会社を繋ぐ最初の窓口であり、私自身が会社の顔となって営業しなければならないので、常に責任感を持って仕事ができる事にやりがいを感じます。
お客様のご要望やご指摘に対して真摯に対応することで、「次の仕事も三菱長崎機工さんに任せるから宜しくね。」と言われた時が1番嬉しいです。

思い出に残る仕事について教えて下さい。

私が担当している製品カテゴリーに鋳物の整調作業という仕事があります。過去の実績データや私が今までに所属した資材Gと管理Gの知識を用いて見積原価表を作成し、お客様と価格交渉をしました。受注が決定してからはお客様との工程調整や社内工程調整を行いました。
しかし、この仕事は図面上だけでは判断できない部分が多く、工程が狂う事が多いです。 その際は、都度社内だけでなく構内パートナー業者とも打合せを行い、お客様にご迷惑おかけしないよう努めました。実際に製作以外の全プロセスに携わることができ、無事に製品出荷できた時は達成感がありました。

今後の目標や目指すものがあれば教えて下さい

私は入社9年目になりますが、企画経理G、資材G、管理G、そして現在所属している鉄構品営業部と4部門経験させて頂いています。
まだまだ営業経験は浅いですが、このローテーションで得た知識・経験・社内外との人脈を活かしお客様との交渉力を磨いて会社に貢献したいと思います。また、将来は事務職のエキスパートとして後輩社員のお手本となれる様、前向きに何事にも取組みたいと思います。

社員一覧へ戻る