豚血液ペプチド飼料化システム

トップページ

>

豚血液ペプチド飼料化システム

三菱長崎機工株式会社 豚血液ペプチド飼料化プラント 世界初、豚血液から高栄養価のペプチド飼料を製造!
食肉加工場にて放血された血液は現在、大部分が廃棄物として汚水処理されています。
一方、豚血液は高タンパク質で豊富なアミノ酸を含んでおり、高い栄養価を持つことが知られています。
三菱長崎機工は、豚血液からペプチド飼料を製造するプラントを開発し世界で初めて実用化しました。
三菱長崎機工株式会社 豚血液ペプチド飼料化プラント
・海外からの輸入に頼っている動物性蛋白源の国内安定自給
・養豚業界の生産性向上、収益増加につながるペプチド飼料
三菱長崎機工株式会社 豚血液ペプチド飼料化システム プレヒータ・水熱処理反応器
プレヒータ・水熱処理反応器
特  長
■  200℃、3MPaの水熱処理で加水分解し低分子化された安全な飼料原料(鉄分、リジン等が豊富)の製造!
■  豚に必要な必須アミノ酸が全て含まれ、消化率が良く、離乳期子豚の発育促進や母豚の繁殖成績改善に貢献!
■  水熱処理のハードソフト技術を駆使した
最新鋭のシステム!
■  自動化・省力化されたコンパクトなシステム!
三菱長崎機工株式会社 豚血液ペプチド飼料化システム 乾燥中のペプチド水溶液
乾燥中のペプチド水溶液
三菱長崎機工株式会社 豚血液ペプチド飼料化システム ペプチド粉体
ペプチド粉体
血液を高温・高圧の状態で水熱反応させることによって、血液中の水分により加水分解を行い、血液中のタンパク質を分解し、消化吸収の良い高付加価値ペプチド飼料に転換します。このペプチド飼料を母豚・離乳期の子豚に与えることで以下の効果が確認されました。
三菱長崎機工株式会社 豚血液ペプチド飼料化システム 水熱反応のしくみ
水熱反応のしくみ
・母豚の健康状態向上、子豚の成長促進、繁殖成績アップ
・離乳期子豚の増体効果、哺乳期間子豚の死亡率低減

<「豚血液ペプチド飼料化システム」のお問い合わせは>

鉄構品営業部
〒851-0301 長崎市深堀町 1-2-1
TEL(095)871-2702 FAX(095)871-6108 :アクセスマップ